メタトレーダー4の信託保全FX業者の比較

平成21年8月以降、内閣府令が改正され、FX業者に預けた利用者の証拠金等(実現損益、評価損益、スワップ損益等)については、内閣府令に準拠した信託保全を実施しなければならなくなりました。以下に、人気ランキング1位から5位のFX業者(FXトレードフィナンシャル、FXCMジャパン、サイバーエージェントFX、Forex.com、アヴァトレード)が行っている信託保全について解説します。

人気ランキング1位の「FXトレードフィナンシャル」の金銭信託先は、DB信託株式会社(ドイツ銀行グループの信託会社)です。利用者の資産と業者の事業資金を別々に管理(区分管理)しながら、利用者の証拠金等を全額保全しています。破綻等が発生した場合は、利用者に、弁護士を介して利用者の資産が返還されます。ただし、利用者の資産から返還にかかる諸費用(事務費用、弁護士費用、信託報酬等)を控除した金額が返還されることになります。資産返還の方法は証拠金専用口座を通じて行われるため、利用者が直接信託先の銀行とやり取りをする必要はありません。

人気ランキング2位の「FXCMジャパン」の金銭信託先は、野村信託銀行です。利用者の証拠金等を全額保全しています。他業者に先駆け信託スキームを導入した実績があります。利用者の有効証拠金の100%以上を区分管理しており、信託の仕組みは比較的強固といえます。

人気ランキング3位の「サイバーエージェントFX」の金銭信託先は三井住友銀行とみずほ信託銀行です。利用者の預けた資産を区分管理し、また、評価損益等も加味して三井住友銀行とみずほ信託銀行に保全しています。破綻等が発生した場合は、利用者に受益者代理人を介して利用者の資産が返還されます。

人気ランキング4位の「Forex.com」の金銭信託先は、FXトレードフィナンシャルと同様に、DB信託株式会社(ドイツ銀行グループの信託会社)です。利用者の資産と業者の事業資金を別々に管理(区分管理)しながら、利用者の証拠金等を全額保全しています。破綻等が発生した場合は、利用者に受益者代理人を通じて資産が返還されます。ただし、利用者の資産から返還にかかる諸費用を控除した金額が返還されることになります。

人気ランキング5位の「アヴァトレード」の金銭信託先は、ソシエテジェネラル信託銀行です。利用者の資産と業者の事業資金を別々に管理され、利用者の証拠金等(売買損益、未決済建玉の評価損益、スワップ金利等)を保全しています。破綻等が発生した場合は、担当弁護士あるいは会計士を通じて利用者に資産が返還されます。

メタトレーダー4業者ランキング!最新人気業者はココだ!

サービス名 お勧め度 提供ソフト 詳細
FXトレードフィナンシャル ☆☆☆☆☆ メタトレーダー 詳細


FXトレード・フィナンシャル




>>メタトレード4業者のランキング・2位以降をチェック


TOP

メタトレーダー4国内業者

メタトレーダー4の基礎

メタトレーダー4のトレード実践

端末別のメタトレーダー4トレード

メタトレーダー4の業者選択関連

メタトレーダー4のFAQ

リンク