メタトレーダー4の使い方

この項ではメタトレーダー4の基礎的な使い方について、お話をさせて頂きます。
自動売買プログラム(EA)の基礎的な使い方は他の項でご説明いたしましたので、チャートソフトとして使ってみましょう。
(※インストール後の基本的な設定を終えたメタトレーダー4の操作画面を想定して、ご説明させて頂きます。)


・メタトレーダー4の基礎的な使い方(@価格チャートの表示)

初期状態のメタトレーダー4の画面には、価格チャートのウィンドウが四つも並んでいます。
いきなり4通貨の価格チャートは必要ありませんから、各価格チャートのウィンドウ右上の×ボタンを押下して、一旦閉じてしまいましょう。
その後で、「気配値表示」のウィンドウ中から任意の通貨ペアを右クリックで選択して下さい。
コンテキストメニューの、「チャート表示」を選択することで対象の通貨ペアのバーチャートを表示する事が出来ます。
通常のウィンドウと同様に、拡大、縮小が出来ますし、マウスのホイールを回せば価格チャートの表示期間を変える事が可能です。


・メタトレーダー4の基礎的な使い方(A価格チャートの表示変更)

初期状態から表示されるバーチャートは、日本ではあまり見慣れない為に違和感を覚える方も多いかと思います。
また価格チャートの各足の間隔が、少し狭く見えるのではないでしょうか。
おなじみのロウソク足を表示したい時は、画面上部メニューにあるアイコンボタンにカーソルを合わせて、「Candle sticks」とポップアップ表示されるアイコンボタンを押下すればロウソク足を表示できます。
また、価格チャートの各足の間隔は、画面上部メニューあるアイコンボタンの2つの虫眼鏡マークの内、真ん中に+が書いてある「Zoom In」を押下することで拡大できます。
縮小して元に戻すには、真ん中に−が書いてある「Zoom Out」を押下して下さい。


・メタトレーダー4の基礎的な使い方(Bその他のカスタマイズ)

メタトレーダー4の価格チャートは、色の変更やテクニカル指標の表示など、まだまだたくさんのカスタマイズが可能です。
こういった機能を全て独学で習得するには、ちょっとツライかなという方もいらっしゃるかも知れません。
そういう場合の対策として、口座を開設しておくメタトレーダー4に対応したFX業者に関しては、日本国内の業者を選ぶことをお勧めします。
メールや電話でのサポートやアフターケアがしっかり整っている業者なら、きっと力になってくれるはずです。

メタトレーダー4業者ランキング!最新人気業者はココだ!

サービス名 お勧め度 提供ソフト 詳細
FXトレードフィナンシャル ☆☆☆☆☆ メタトレーダー 詳細


FXトレード・フィナンシャル




>>メタトレード4業者のランキング・2位以降をチェック


TOP

メタトレーダー4国内業者

メタトレーダー4の基礎

メタトレーダー4のトレード実践

端末別のメタトレーダー4トレード

メタトレーダー4の業者選択関連

メタトレーダー4のFAQ

リンク