メタトレーダー4の初心者の注意点は?

メタトレーダー4の初心者が注意しなければならない点は、「リスクを減らすこと」と「検証の努力を惜しまないこと」です。

初心者がメタトレーダー4のEAを使って、24時間体制でシステムトレードを行うと、すぐに証拠金不足に陥り、取引ができなくなってしまう恐れがあります。長期的に取引を継続して、コンスタントに利益を得ることで、そうした事態を回避することができるようになるでしょう。長期的に取引を継続させるためには、自分の採用しているEAが最大どれだけ負けるのか知ることです。そして、コンスタントに利益を得るためには、複数のEAを組み合わせてリスク分散しながら取引を行うポートフォリを構築しなければいけません。

「自分の採用しているEAが最大どれだけ負けるのか」については、バックテスト機能により、調べることができます。メタトレーダー4のバックテスト機能では、検証期間中の「最大ドローダウン」を確認することが可能です。最大ドローダウンとは一回の取引で発生した最大損失額のことです。つまり、最も資金が減ったときの資金減少額を調べることができるのです。最大ドローダウンを把握すれば、用意すべき資金額を算出できます。例えば、採用するEAの最大ドローダウンが800ドルであれば、「800ドル+証拠金」の資金を用意すればよいことになります。ただし、検証データは理論値でしかありませんので、実際の相場で稼動するときは、その2倍程度を見込んで用意すべきでしょう。先の例であれば、証拠金不足に陥らない資金は「1600ドル+証拠金」であることがわかります。なお、バックテストの検証期間は長く設定すればするほど、精度の高い検証結果を得ることができます。そのため、過去のデータをダウンロードして利用しましょう。また、通貨ペアを変更して検証するのも有効な手段です。

そして、システムトレードでコンスタントに利益を得るためには、ひとつのEAに頼り切っていては、到底その目的に達することはできません。性質の異なるEAを複数組み合わせて、ポートフォリを構築することで、リスク分散することができます。そして、ポートフォリを構築したら、そのたびにバックテストをして検証します。今度は、バックテストの結果のうち、「利益率」と「トレード回数」が大切になります。両者ともに適度な数字がなければ、そのポートフォリは採用すべきではないでしょう。

また、システムトレードに慣れていないうちは、投資額を低くして、取引経験を積むべきでしょう。1000通貨単位で取引を行うことで、リスクを軽減しながら、システムトレードに慣れることができます。

メタトレーダー4業者ランキング!最新人気業者はココだ!

サービス名 お勧め度 提供ソフト 詳細
FXトレードフィナンシャル ☆☆☆☆☆ メタトレーダー 詳細


FXトレード・フィナンシャル




>>メタトレード4業者のランキング・2位以降をチェック


TOP

メタトレーダー4国内業者

メタトレーダー4の基礎

メタトレーダー4のトレード実践

端末別のメタトレーダー4トレード

メタトレーダー4の業者選択関連

メタトレーダー4のFAQ

リンク